なた豆茶に副作用はあるのか?念のため問い合わせてみた結果!

飲んできた「なた豆茶」は20種類以上!
なた豆茶マニアの嶋田と申します。

 

私は「なた豆茶によって人生が救われた」と言っても過言でないほど、なた豆茶の効果を実感しており、長年飲み続けております。

 

そこで気になるのが「副作用」の存在。

 

飲み続けてても大丈夫なのか?

 

色々調べた結果や、メーカーから返答をお伝えします!

 

 

 

なた豆茶には副作用はないのか?

なた豆茶に副作用はないのか?

 

結論から述べると、無いと考えて問題ありません

 

なぜなら、あくまでも健康茶であり薬ではないからであり、どの「なた豆茶」のパッケージを見ても、もちろん副作用の記載はありません。

 

ただ「薬ではない」と言いつつも、古くから「膿とりの妙薬」として知られ、生薬として使われていた背景があります

 

そのため分類上は「健康茶」になるのですが、私達のように実感できる可能性は十分にあるのです。

 

なお私や家族はかれこれ5年以上、毎日麦茶代わりに飲み続けていますが、副作用らしい症状は特に起きていません。

 

 

念のため問い合わせてみた!

副作用は無いと考えられますが、当サイトでオススメしている2つのなた豆茶について、念のため「考え得る副作用の有無」を確認してみました。

 

以下、各社お客様センターからの返答結果です。

 

 

美撰なたまめ茶

 

当店の『なたまめ茶』はお薬ではない、健康食品でございます。
基本的には副作用などは考えられにくいです。

 

伝統爽快なたまめ茶

 

特に副作用が出るような成分は含まれておりません。
しかしなた豆茶の飲用に際しましては、食品アレルギーの心配のある方、キク科アレルギーの方はご注意下さい。
体質に合わない方が飲用された場合に、アレルギーを起こすことがあります。ご心配な場合は飲用前に必ずかかりつけの医師にご相談下さい。

 

 

やはり「成分としては副作用はないが、豆等にアレルギーがある方は気をつけて下さいね」というのが見てとれます。

 

アレルギーに関しては食品全般に言える話ですので、なた豆茶も同様に「豆」へのアレルギーがある方は気をつけましょう。

 

※「美撰なたまめ茶」に関しては、身体との相性について触れられていませんが、食品である以上は同じことが言えます。

 

その他の副作用については、実際20種以上を飲んできた経験からも、心配する必要はないと考えています。

 

クリックでオススメランキングへ飛びます

 

 

 

なた豆を栽培し、なた豆茶を作る人は注意が必要かも!

「なた豆」そのものは市場にほとんど出回っていないため、「“なた豆” を使って “なた豆茶” を作る!」という方は少ないと思いますが、念のため。

 

実は、すべての豆類には毒があるのをご存知でしょうか。

 

なた豆に関しては、「アミグダリン」というタンパク毒があります。

 

これをそのまま摂取してしまうと、めまいや嘔吐・頭痛などの症状が引き起こされる可能性があるのです。

 

ただし当たり前ですが、市販のなた豆茶では、加工処理の段階でしっかりと水洗いされ、焙煎することで毒素を除去しておりますので、こういった副作用の心配はありません。

 

各メーカーに問い合わせても、このことに言及がないのは「当たり前の事としてしっかり加工処理されているから」です。

 

豆を使った商品は色々ありますが、こんなことに言及している商品を見たことありませんよね。

 

つまり商品として販売する以上、「毒素を取り除く」というのは当たり前に行っている工程なのです。

 

 

注意なのは自分で作る人!

そして注意すべきは、「自分で1から作りたい!」という方です。

 

市販商品で当たり前に行われている処理をしない場合、上記のような症状が起きるかもしれません。

 

そのため、知識がない方は無難に「市販なた豆茶」を購入されることをオススメします。

 

 

 

なた豆茶を20種以上比較しました!


かれこれ20種以上のなた豆茶を飲み続けてる筆者が、「実感度」を基準にオススメをまとめてみました。


「なた豆茶」選びに失敗しないためにも、ぜひ参考にしてみてください!


オススメ
順位

商品

コメント

  • とにかく実感度が高い
  • 定期購入になるが2回目は休止できるため、実質は単品購入と変わらない

  • 実感度はまずまず
  • 初回だけは値段が安い
  • 1円でも安い方が…という方にはオススメ


その他これまで飲んだ「なた豆茶」は以下の22種類ありますが、闇雲にすべて紹介しても意味がないので、とにかく「実感度」だけで選びました。


基本的には美撰なたまめ茶をお選び頂ければ間違いないかなと感じます。


(2019.8月:最終更新)

  • ぎょくろえん なたまめ茶
  • 寿老園なた豆茶
  • 大山のなたまめっ茶
  • ラガ薬品 なたまめ茶
  • 香味焙煎なたまめ茶
  • ミナミヘルシーフーズ刀豆茶
  • 国産遠赤焙煎なた豆茶
  • マルシェピュアなたまめ茶
  • 薩摩なた豆元気茶
  • 爽快「健やか茶」なた豆茶
  • がぶ飲み赤刀豆茶
  • 丹波なた豆茶
  • 健茶館なたまめ茶
  • やわらか焙煎なた豆茶
  • がばい農園 国産の赤なた豆茶
  • 爽風茶
  • 山本漢方白なた豆粒
  • お茶の沢田園 赤なた豆茶
  • ORIHIROなた豆茶
  • 匠味焙煎国産なたまめ茶
  • さがん農園 純国産なた豆茶
  • ogaland ナタマメ茶


「なぜ上記の2つがオススメなのか?」については、以下のオススメランキングの中で説明しております。


クリックでオススメランキングへ飛びます