「なた豆茶」選びで失敗しないために!効果を比較してみました!

当サイトへお越しということは、どこかで

 

 

なた豆茶が○○に良い!!

 

 

ということを耳にされたからだと思います。

 

事実、なた豆に含まれている成分は、

 

  • 蓄膿症
  • 花粉症
  • 腎臓(じんぞう)
  • 歯周病
  • 歯槽膿漏
  • 痔(じ)
  • ダイエット
  • むくみ

 

などなど、さまざまな病気に良いとされており、「豆」の中でも特に注目されている「健康豆」です。そんな「なた豆」を飲みやすく、かつ体に吸収しやすくした商品が「なた豆茶」です。

 

「なた豆茶」は、一時的なブームを経験したあとも長年にわたって飲まれ続けている、まさに

 

 

「知る人ぞ知る“隠れた万能茶”」

 

 

です。

 

そんな「なた豆茶」を飲みだしたキッカケは、花粉症と蓄膿症に悩まされた時に、病院の先生から「なた豆茶を飲んでごらんなさい」と言われたことです。

 

それ以来、蓄膿症やダイエットへの効果、飲みやすさ、価格などから “なた豆茶の虜” となってしまい、あれやこれと飲み比べた総数は20以上。

 

「販売されているほぼ全てのなた豆茶を飲んでいる」と言っても過言ではないでしょう。

 

また、家族で飲んでいる中でお爺ちゃんの「尿管結石・腎結石・痛風」が良くなったのも、なた豆茶のお陰でしょう。

 

当サイトではそんな「家族ぐるみでお世話になっている“なた豆茶”」の効果や副作用、飲み比べた結果を比較して、オススメを「ランキング」で紹介しています!

 

 

そもそも「なた豆」ってなに!?

なた豆とは、マメ亜科の一年草であり、アジアからアフリカにかけて広く分布している植物です。

 

なた豆を漢字で書くと「刀豆」と書くように、鞘(さや)が刀のような形をしており、その鞘は30〜50cm以上にも生育する巨大な豆です。

 


画像引用元:http://shop.gnavi.co.jp/sucoyaca/event/s-07/

 

古くから漢方薬の原料(生薬)として有名で、膿を出してくれることから「膿出し豆」という別名でも呼ばれています。

 

そのため、古来より「蓄膿症にはなた豆茶が良い」と伝えられており、実際に私も「なた豆茶をのんでごらん」と、病院で言われました。

 

そんなすごい「なた豆」は、江戸時代に当時の “清国” から日本へもたらされたと言われています。
この頃から現代にかけて、九州の薩摩地方(鹿児島県)での栽培が盛んとなりました。
NHK大河ドラマの篤姫でも、長旅の安全を祈願するシーンで登場するなど、「縁起物」としても生活の一部に取り入れられてきました。

 

元は生薬の他にも食用として用いられていましたが、近年の研究から血流改善・腎機能向上・滅菌作用などが確認されています。

 

このことから現在ではサプリメントなどの健康食品や歯磨き、シャンプーといった日用品にまで幅広く使われるようになりました。
身近なところでは「福神漬け」の原料として使われていますが、食用として利用されるのは主に鞘の部分で、豆の方は生薬として用いられることが多いようです。

 

もちろん「なた豆茶」の場合は、生薬の力を発揮するために「豆」の方を使用することがほとんどです。